引越し業者長野

引越し業者長野での簡単な選び方

引越し業者 長野

引越し 価格 長野

引っ越し 費用 長野

引越し 見積もり 長野

引越し 安い 長野

 

長野県で引越し業者を検索すると、380件以上ヒットします。

 

この中から、良い引越し業者を探すのは簡単でありません。

 

そこでオススメなのが、引越し業者一括見積もりです

 

全国展開の大手から地域密着の引越し業者まで、1度にまとめて見積もりを取ることが出来ます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

引越し料金の相場を調べても、幅が広くて参考になりません。
あなた自身の引越し料金の相場を知りたいなら、複数の業者から見積もりを取るしか方法はありません。

 

引越し業者一括見積もりなら、相場だけでなく最安値の会社も簡単に見つかります。
サービスや料金を比較して、自分に合った引越し業者を見つけてくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しを安くする方法

 

引越し費用を安く

 

引っ越し費用は高額になので少しでも安くしたいのだけど具体的にどうすればいいかわからない。
引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなるので、引越しにかかる料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことが重要です。

 

さらに3月前後は繁忙期で1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できるのであればこの時期は避けたほうが無難です。

 

どうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って契約してしまいましょう。 
準備が遅くなるほど安くてサービスの良い引越し業者は残らない傾向があります。

 

同じ様に土日祝日は引っ越し希望者が多く、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

引っ越しは午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

引っ越し費用は割引される日にちや時間を利用すれば、安くすることが可能です。

 

 

引越し業者はどこも同じ?

 

引越し比較

 

引越しの会社は世の中にたくさんあります。
テレビコマーシャルで見る大手から、電話帳にひっそりと載っている地元密着のところまで合わせると数えきれないほどあります。
その中から1社を選ぶという作業、何気に大変です。

 

あなたは引越し業者をどの様にして選びますか?

・CMで見たところに連絡して、来てもらって見積もりを取って契約した。
・知人が依然引越ししたときに良かったと言っていた業者にした。
・ネットで見積もりをして比較して決めた。

 

引越し業者はどこに依頼しても同じはありません。
なぜなら大手の引越し業者はスタッフが迅速かつ安全に荷物を運べるようにと研修制度を設けたり、練習施設を持っているからです。
その安心の分だけ引越し料金はやや高めになっています。

 

引越し業者選びの基準に、安心か価格かを判断するのはお客様であるあなた次第です。
しかし、何にしても引越し業者を比べてみないと本当に高いのかどうかはわかりません。

 

思っていたより差がないのであれば、安全に運んでくれそうな引越し業者にお願いしたいですね。

 

 

引越しのあいさつ

 

引越しのあいさつ

 

引越しの挨拶は引越し日、遅くても翌日までには行きましょう。
何日も経過すると面倒になったり、廊下でバッタリ会ってしまいなんとなく機会を失ってしまうことがあります。

 

でも引越しの挨拶って、どこのお宅まで行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートならば、上下左右の部屋の方への挨拶が一般的です。
集合住宅の生活音は案外気になります。最初の印象を良くしておくのは重要です
また近くに大家さんや管理人さんがお住いなら、ご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言います。
自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。

 

一軒家は集合住宅のような住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制という場合が多いです。
自治会長さんにもご挨拶しておいて、ゴミのルールなどを聞いておくと安心ですね。

 

戸建てで持ち家なら長く住む可能性が高いので、ご近所トラブルは避けたいものです。

 

もちろん挨拶だけでもいいのですが、簡単な粗品を用意したほうが行きやすいかと思います。

 

粗品は500〜1000円程度のものが良いです。
あまり高級なものだと相手が気を使ってしまいます。
洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子など人気です。

 

 

引越しにかかる初期費用を考える

 

引越しの初期費用

 

引越しにはいろいろなお金がかかるのですが、初期にかかる経費を考えてみました。
賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかりますね。

 

・敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修理するための費用で入居前に管理会社に預けておきます。
部屋を綺麗に使っていて特に修理する箇所がなければ、返還されるものです。

 

・礼金は大家さんに支払われる礼金で昔からの慣習です。
しかし最近は礼金ゼロの物件も増えましたので、借りる際にチェックしてみてください。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。法的には〇〇円と決まっていないので、会社によって金額が異なります。最近は仲介手数料無料の会社もありますので、費用を抑えたい方には嬉しいですね。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
なぜなら火元が自分でない火事でもらい火をした場合でも、火元の住民に賠償を求めることはできないからです。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。
しかし最近は連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
家の場所を知っている他人が部屋のカギを持っているかもしれないというのは、何とも恐怖です。
防犯面を考えても入居時に鍵は交換しておきましょう。

 

 

引越しの手順を知っておくと便利です。

 

引越しの手順

 

引越しにはすることが多くてウンザリすることもありますが、おおまかな手順を先に知っておくと便利です。
ぜひ見積もりを取る前に確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しの時には早く引越し業者を決めてしまいところですね。
しかし引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わりますから、まずは新居を決めましょう。
新居が決まらないと正確な見積もりが出せません。

 

引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わります。
荷物が多くなるほどに大きなトラックと多くのガソリン、多くのスタッフが必要となりますから、費用が当然高くなるのです。
不用品は引越しの前に売ったり、あげたり、捨てたりとどんどん処分して、荷物を減らして使わないものから梱包していきましょう。

 

市外へ引越しする場合は、市町村役場で転出届を提出しておきましょう。これは引越し日の2週間前から提出することが可能です。
うっかり出し忘れると面倒なことになります。
提出しに前の市に戻るか、役所に連絡して郵送してもらい記入後に送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

引越し2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらう手配をしましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡をしてくださいね。
同一市内の引越しなら、引越し日から新居でも電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

さて新居に引越ししたら、郵便物が届かなくなるというのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具た家電の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておきどこかに掲示しておくと便利です。

 

ただ貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらはもしうっかり引越し業者のスタッフが破損してしまい保険を使っても、元通りににはできませんしお金で解決できるものではありませんので、自己管理で大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなた転入届を提出しましょう。
これで選挙など役所からのお知らせが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
長く放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。
忘れないうちに行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長野県
塩尻 上田 長野 飯田 岡谷 松本 諏訪 小諸 千曲 須坂 伊那 駒ヶ根 中野 大町 飯山 佐久 茅野 安曇野 東御

 

 

 

引越し業者山梨 引越し業者北区 引越し業者神戸 引越し業者福島