引越し業者 長野 粗大ごみ

引越しと粗大ごみ

引越し 粗大ごみ

 

家の中にいらない家具、こわれた家電などはありませんか?

 

50cm以下で10kg未満であれば燃えないゴミとして処分することができます。
ただし、石油ストーブ・石油ファンヒーター・ガスコンロ・電子レンジは大きさに関わらず粗大ごみです。

 

粗大ごみは捨てるのにちょっと手間がかかります。
処分方法は@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

@の回収方法は、まず粗大ごみ処理施設(リサイクルセンターやリサイクルプラザなど名前は自治体によって異なります)に電話して回収日を予約します。
その後、スーパーやコンビニで売ってある粗大ごみシールを買います。
あとはこのシールを捨てたい粗大ごみに貼って指定の時間に指定場所に置いておけば、回収業者が回収に来てくれます。
シールは粗大ごみ1個につき1枚必要です。
粗大ごみシールは回収手数料なので、貼っていない家財は一緒に置いておいたとしても持って行ってくれません。

 

Aの自分で持って行く場合でも、まずは電話で予約します。その時に捨てたいものの名前を伝えますのでメモなどを作っておきましょう。
あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
この場合はごみシールは必要ありません。
ただし100kgを超える場合は手数料が数百円必要になることがあるようです。

 

それと粗大ごみではないものがいくつかあります。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などです。

 

これらは粗大ゴミとしては廃棄できません。
処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要ですが、もしお店が近くない場合はお住いの自治体に相談してみましょう。